ぎっくり腰

ぎっくり腰の原因は?筋肉やストレス、体重との関連や正式名称について詳しく解説します

海外では魔女の一撃ともいわれているぎっくり腰。

経験したことがある方ならご存じかもしれませんが、ぎっくり腰になってしまうと激しい痛みに襲われてまともに歩けなくなってしまうことも多いです。

外出中にぎっくり腰になってしまい、痛みがひどくて帰れなくなってしまった…なんてこと話もよく聞きます。

しかし、そもそもぎっくり腰とはどんなもので、なにが原因なのでしょうか?そこでこの記事ではぎっくり腰の原因や正式名称について詳しく解説していきますよ。

ぜひ、ご覧ください。

ぎっくり腰とは?

腰を痛がる女性

そもそもぎっくり腰とは、正式名称を『急性腰痛症』といいます。

名前をみればわかる通り、急激に腰痛になってしまうものですね。体を捻った瞬間や靴下を履こうとしたとき、くしゃみをしたときなどの起こりやすいです。

基本的には筋肉の緊張や関節のバランス不良によって起こるのですが、繰り返し発症することによって椎間板や椎間関節(背骨の関節)などにダメージを与えてしまうこともあります。

そのため、たかがぎっくり腰といわずしっかりと治療を行わないと後々もっとひどい症状として出現することも。

ぎっくり腰になったらできるだけ正しい対策をして、再発防止に努めたいものです。

ぎっくり腰の原因

腰をストレッチする女性

ここからはぎっくり腰の原因について解説していきます。

代表的な原因、

  • 筋肉の緊張
  • ストレス過多
  • 肥満
  • 関節のバランス不良

一つずつ解説していきます。

筋肉の緊張

ぎっくり腰の中で最も多いと言われているのは筋肉の急激な緊張です。

過労や運動不足などがあると筋肉の柔軟性が低下してしまいます。そこになんらかの刺激が加わると急激に筋肉が緊張してしまい、ぎっくり腰になってしまうのです。

筋肉の緊張が強い場合は、背骨などに歪みが生じるため痛みとともに姿勢が変わってしまうこともありますよ。

もともと慢性腰痛を持っていたり、腰に疲労を感じていた方はもしかしたら筋肉の緊張が蓄積していたのかもしれません。

ストレス過多

ストレスが強くかかっているときもぎっくり腰になりやすいです。大切なイベントの前などにぎっくり腰が多いのはそのためです。

ストレスが強くかかると自律神経が乱れてしまうため、結果として筋肉が緊張してしまいます。仕事や育児などで常にストレスがかかっている方はぎっくり腰になりやすいと言えるでしょう。

肥満

肥満もぎっくり腰の原因になりやすいです。体重が増え、腰に負担がかかってしまうだけでなく、栄養的な問題も関係してきます。

肥満になってしまっている方は基本的に炭水化物や糖質を多く食べている傾向にあります。

つまり、

  • 白米
  • 麺類
  • パン類
  • スイーツ
  • お菓子
  • ジュース

などです。

お肉を食べるよりも、これらの食べ物を摂取した方が中性脂肪がつきやすいのですね。

そして、もしも炭水化物を多く食べているにも関わらずタンパク質をちゃんと食べていない場合、筋肉は硬く、骨は弱くなってしまいます

そのため、筋肉が過度に緊張してしまいぎっくり腰になりやすいというわけです。

ココに注意

栄養素の問題は想像以上に大きいです。筋肉がたんぱく質で構成されているため、摂取量が足りないと筋肉に十分な栄養が行き渡らずにぎっくり腰になりやすくなります。

関節のバランス不良

関節のバランスが悪い場合でもぎっくり腰になってしまうことがあります。

例えば、おしりの近くにある仙腸関節という部分に歪みがある場合、なにかのきっかけで歪みがひどくなってしまいぎっくり腰になることも。

そのため、普段から姿勢が悪かったり、足を組んだりする方は関節の歪みが原因となっている可能性もあるでしょう。

ぎっくり腰の対処法

パソコンに向かう男性

一昔前はぎっくり腰になってしまったら、安静が一番といわれていました。

しかし、今では過度な安静は逆効果だということがわかっています。実際にある研究では3日以上安静にした場合、痛みが軽減しにくくなってしまうだけでなく、職場復帰も遅れてしまうことそうです。

また、それだけでなく再発率も高くなるため『安静=ぎっくり腰に良い』は昔の常識になってしまいました。

そのため、現在では1~2日は痛みがひどければ安静、それ以降はできるだけ日常生活に近づけることが早期回復の助けになりますよ。

まとめ

ぎっくり腰は筋肉やストレス、関節などの問題から起こることが多いです。どのような原因で起こったかをしっかり把握し、正しい対策をとることで早期に痛みをとることできますよ。

また、本文でも書いたように過度な安静は逆効果になるため、痛みが少なければできるだけ日常生活に近づけた動きを心がけましょう。

当院はぎっくり腰の施術にも力を入れています。吉祥寺でぎっくり腰お困りの方はご相談ください。

公式サイトはコチラ

参考文献

 

  • この記事を書いた人

森智貴

柔道整復師免許(国家資格)を保有し、グループ整骨院の院長を務める。日本距骨調整協会認定院・猫背矯正マイスター。2020年に吉祥寺駅徒歩5分ひなた整体院をオープン。

-ぎっくり腰

Copyright© 吉祥寺で外反母趾にお困りならひなた整体院にお任せください!口コミ評判の良い人気おすすめ整体院 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.